L型キッチン、U型キッチンの特徴とは

2016.09.20

キッチンを選んでいる方だと、キッチンには豊富な種類があることをご存知の方も多いのではないでしょうか。

主婦にとって一日3回、必ず使う場所でもありますので、キッチンにはこだわりを持ちたいという方も多いことでしょう。

選ぶにあたって、多くの種類を知っておくのは選択肢が広がりますよね。

そこで今回は、L型キッチンとU型キッチンの主な特徴についてお話します。

053

 

まず、L型キッチンとU型キッチン両方に共通して言えることが、 動線が短くなることによって料理をする際の無駄な動きが少なくなるということです。

L型であれば、名前の通りLの形をしたキッチンとなっていて2方向に調理スペースが広がっていますし、U型キッチンでは3方向にキッチンスペースを設けることができます。

そのため、洗い物をしながらコンロの火加減を調節したりといったような、同時進行の作業ができるようになるのです。 これにより、調理の効率も良くなり、お料理の時間も短縮できることでしょう。

 

一方、この2つともにいえる注意点としてあげられるのが、 角のコーナー部分がデッドスペースとなってしまうことです。

コーナー部分はどうしても手が届きにくく、調理をする際にも使うことができないので、 そのスペースをどう活用するかは考える必要があります。

 

L型キッチンとU型キッチンはキッチンスペースが広くとれるご家庭にお勧めのキッチンタイプでもあります。 ぜひ検討してみてくださいね。