ZEHにするメリットとはpart2

2016.12.23

ZEHの住まい、エネルギー消費量をプラスマイナスゼロにする住まいを推進されているといっても、メリットがないと正直わざわざZEHにしづらいものです。
前回は光熱費が今後何十年もかからない住まいが実現できることをメリットとしてあげましたが、
今回はそれ以外にZEHにするとどういったメリットがあるのかご紹介します。

%e5%a4%aa%e9%99%bd%e5%85%89%e3%83%91%e3%83%8d%e3%83%ab

まず、一つ目に補助金が出るということがあげられます。
ZEHにすると、国から補助金が出るので、住宅という高額な買い物をする際に補助金でまとまった金額が入るのは家計を助けるためにも大きなメリットと言えるでしょう。

また、ZEHにすると住宅性能が高まるということもメリットの一つです。
ZEHは省エネと創エネ、断熱の3ポイントを満たした住宅のことなので、
しっかりと断熱することが必要となっています。
つまり、断熱性が高い住宅というのは、建物全体が一定の温度で保たれやすくなり、ヒートショックなどの冬場の家庭内事故も防ぐことができ、
家族みんなが健康に暮らせるということにつながることでしょう。



次回のブログではデメリットの部分もお伝えしますね。