駅から家までが遠いことのメリット

2016.03.06

駅から家まで遠いとどうしても利便性の面で問題が出てきやすいものですが、その一方で遠いことがメリットになるという場合もありますから、メリットを理解しておけば快適な生活環境を手に入れることもできます。
駅から遠い事のメリット
駅と家の間を歩けば、運動にもなり交通機関を利用するお金の節約にもなりますから、運動不足になりがちな現代人にとっては普段の日常生活の中で運動不足を解消することができるというのは駅が遠いことによるメリットと言えるでしょう。

次に駅の近くというのは人や車の通りも多く、様々な施設も数多くあるので騒音が気になるというケースも有りますが、駅から離れればその分だけ静かになるので落ち着いた環境で生活をすることができるというのも駅まで遠いメリットとなります。

また、駅から遠ければ利便性が悪くなる分だけ土地が広くなっていたり、家賃が安くなっていることも多いので同じお金を出しても屋内環境としては快適な場所に暮らすことができるというのも駅から遠いことによる長所と言えるでしょう。

特に車中心の生活をする人は、駅が遠いというデメリットが小さくなるので相対的にメリットが大きくなります。