駅から家までが近いことのメリットとデメリット

2016.01.26

駅から家までが近いことのデメリットは、
通勤通学で朝から長い距離を歩かなくても良いというものがあります。

長い距離を歩くのは大変なものです。

何より忙しい朝の時間帯に長距離を歩いて時間が取られてしまうのは
大きな負担となりますからそれがなくなるのは大きなメリットとなります。

また、帰りも夜道を歩かずにすむため安心感があり、
防犯面での強みがあるというのも、駅が近い利点となっています。

逆に、デメリットは駅近は大通りが多いので、
騒音がすることも少なくないというものが挙げられます。

駅から家までが近い

特に繁華街などがすぐ近くにあるような場合には、
深夜にまで騒音が発生することもあるものです。

そのため、音が気になるという人にとっては、暮らしにくく感じてしまう場合もあります。

物件選びをする時には、メリットデメリットを考えた上で駅と家までの距離を決めることが大切です。

駅から家まで近いというのは一般的にはメリットだと思われがちですが、
必ずしも良いことばかりではありません。

駅が近いことによるデメリットというのもあるので、
必ずその部分を見落とさないようにしておきましょう。