階段裏のスペースを上手に活用しましょう

2016.02.29

階段裏はデッドスペースになりがちです。

しかし、階段裏のスペースを上手に活用することで、収納スペースを有効に作りだすことができるようになります。

階段裏を有効な収納スペースとすることで、様々なものを工夫して収納することが可能です。

例えば、非常食の収納場所にすることができます。
非常食はあまり頻繁に出し入れすることもありませんから、階段裏を収納スペースとすることで、非常に有効な収納スペースにすることができます。

ただし、階段裏は、とても暑くなりやすく寒くなりやすくなります。
腐りやすい食品類をおくときに十分な注意が必要です。

さらに、階段裏のスペースを、段差に合わせて本棚にしても良いかもしれません。
本棚にぴったりのスペースですから、大きい本から小さい本まで収納しておくことができるようになります。

階段裏のスペース

その時、本を小分け収納にすることで、重くなりがちな本でも軽く持ち運べるようになります。

本は小分けできるものは小分けして運ぶようにすることで、階段裏でまとめて収納するととても便利です。
階段裏のデッドスペースは、工夫次第で使える収納になります。