長期優良住宅のメリットとは ~その1~

2016.12.07

これから住宅の購入をお考えの方も多いのではないでしょうか。
住宅を建てる際に「長期優良住宅」というキーワードを聞いたことはありますか?
前回のブログでは長期優良住宅に認定される家の基準をご紹介しましたが、
今回は、認定されることによってどういったメリットがあるのか、
長期優良住宅のメリットについてご紹介します。


まず、一番にあげられるのが、長期優良住宅という名前からもわかる通り、住宅を長期的に良好な状態で使用できることが言えます。
住宅において「安全」というものは最も大切な基準の一つです。
いつわからない地震にも耐えられる耐久性のある住宅はそれだけで家族を安心させるものになるでしょう。

また、次にあげられるのが、所得税の住宅ローン控除を受けられることです。
住宅ローンを組む場合、基本的には10年間所得税から住宅ローン控除を受けることができます。
一般的な住宅であれば、10年で住宅ローン控除対象限度額が4000万円のところ、長期優良住宅に認定されていたら5000万円まで控除の範囲内になります。


やはり控除が受けられるというのは、家計をやりくりするお母さんにとって少しでも足しになる分は嬉しいものですよね。
他にもいくつか減税、控除が受けられるものがあるので、
次回のブログでは今回の続き、どういった補助が受けられるのか、具体的にご紹介しますね。