長期優良住宅とは?|安心・安全な家を建てよう

2019.09.01

「長期優良住宅って聞いたことあるけどどんな家のこと?」
このような疑問をお持ちの方はいらっしゃいませんか?
そこで今回は、安心・安全な家を建てるための目安となる「長期優良住宅」について解説します。


□長期優良住宅とは

ざっくりと言えば、
厳しい基準を満たし国土交通省に認められた家です。
その認定基準とは以下のものです。

・劣化対策
・耐震性
・メンテナンスのしやすさ
・リフォームのしやすさ
・バリアフリー対策
・省エネ
・居住環境
・居戸面積
・維持保全計画


□長期優良住宅のメリット

 

*安心・安全に暮らせる

当然のことながら、上記の基準を満たしてきた長期優良住宅は、
地震にも強く長年快適に暮らせます。

 

*税金が優遇される

長期優良住宅を新築したり購入したりすることで、
所得税の住宅ローン控除や固定資産税の軽減などいろいろな優遇措置があります。


□長期優良住宅のデメリット

 

*時間がかかる

一般の家を建てるよりも数週間~数か月の期間がかかります。

 

*コストがかかる

基準を満たすための建築費用や長期優良住宅の申請費用、
さらには定期的な点検と様々なコストがかかります。


□まとめ

 

今回は、安心・安全な家として「長期優良住宅」をご紹介しました。
この記事を参考に、長期優良住宅を検討してみてはいかがでしょうか。
もし何かわからないことがありましたら、
お気軽に当社にご連絡ください。