茨城県の方必見|注文住宅を建てるならこだわりたい家事がラクになる動線とは

2018.07.18

注文住宅は、お金さえあれば
強度の許す限り自由な間取りを作ることができます。

ただ、自由にしてもいいと言われても
どうすれば暮らしやすい間取りになるのかわかりませんよね。

今回は、注文住宅の間取りの考え方の中でも
日々つきまとう家事をラクにするポイントを3つご紹介します。

○ポイント1:キッチン・洗面所などを固めて配置する


家事をラクにする第1のポイントは
家事に関わるキッチン・洗面所・ベランダ・お風呂場などを
できるだけ近くに固めて配置することです。

どんなに手際よく家事をこなしても
家の中の移動に時間がかかっては元も子もないですからね。

 

○ポイント2:キッチンをできるだけ玄関に近づける


日々の家事でかなり重労働になるのが
買い物してきた食品をキッチンに運ぶことです。

できるだけ家の出入り口とキッチンを近づけて
買い物から帰ったときにラクになるようにしましょう。

 

○ポイント3:洗濯物の「洗う」・「干す」・「しまう」の動線を考える


家事の中では、洗濯物も重労働のひとつです。

「洗う」・「干す」・「しまう」の全てを
近づけるのは難しいかもしれませんが
濡れた洗濯物をすぐに干せるようにベランダの近くに
洗濯機を置けるようにするなど、工夫しようがある点です。

今回は、家事をラクにする間取りのポイントを3つご紹介しました。

注文住宅の間取りに悩んだらぜひ参考にしてみてください。