茨城に注文住宅をお考えの方必見!トラブル事例を知っておきましょう

2018.04.07

注文住宅は、土地選びや家の間取りの細部までこだわれる自由度の高さが魅力です。
しかし、その自由度の高さによってトラブルも起こりやすくなります。

よくあるトラブル事例を知って事前に対策できるように
今回はトラブルの一例をご紹介します。

 

◎工期が遅れて住むところがない!

注文住宅では、こだわりを反映できるポイントが多いです。

そんな自由度の高い注文住宅を建てる際は、
「工期が遅れる」というトラブルが起きる可能性があります。

工期が遅れる原因としては、天候の悪化や工事のミスによるやり直し
コミュニケーション不足による各工程の遅延の重なりなどが挙げられます。

「工期が多少遅れても、理想通りの家が建つなら問題ない」と
思われる方にとってはトラブルではありませんが・・・。

しかし、「引き渡しに合わせて賃貸契約を解消してしまった」
「引っ越し手続きを終わらせた」という方にとっては大問題ですよね。

実際に、工事が予定よりも遅れてしまい
しばらくホテル暮らしを余儀なくされたという方もいらっしゃいます。


このようなトラブルを防ぐにはどうすればよいのでしょうか?

まずは、工事が始まる前に、契約書の引き渡し日が遅れた場合についての項目を
よく確認しておきましょう。また、建築中は現場に足を運び「引き渡し日について事前に
予定通りの日程で大丈夫か」聞いてみることが大切です。


今回は、注文住宅建設時の重大なトラブルの一例をご紹介しました。

このような工期遅れのトラブルに巻き込まれないためにも
信頼できる業者を選び、十分なコミュニケーションを取ってくださいね。