茨城で注文住宅をお考えの方へ! 広さで失敗しないためのポイント

2017.12.16

注文住宅を建てる際に図面ではなかなか分からないことが「広さ」。
そのため、実際に生活してみると、部屋が広すぎたり、狭すぎたり、バランスが悪かったりと、後悔してしまう要因になりがちです。

今回は、快適な生活を送るためにも、広さで失敗しないためのポイントをお伝えしようと思います。

 

・LDKはバランスに注意

LDKは3つの要素が同じ空間に属しているため、バランスが大切です。

失敗として挙がるのが、キッチンが大きすぎてダイニングとリビングが狭くなってしまい、家具も置けないというものです。

家具のサイズなども考えながら、バランスに注意しましょう。

 

・バルコニーの幅は最低90㎝以上

バルコニーの幅は最低でも90㎝は欲しいところです。

それ以下だと、バルコニー内での移動が難しくなったり、洗濯物が壁に張り付いてしまったり、ということが考えられます。

普段使う場所だからこそ、幅を確保したいですね、

 

・玄関は広めに

玄関は広めにしましょう。靴は買えば買うほど増えていきますし、子育て中だと玄関が広いのは非常にありがたいです。

また、来客の第一印象を決めることにもなるので、開放感があって損はないでしょう。


いかがでしたか?
失敗しないためにも、限られたスペースでいかに適切な広さを確保するか、しっかりと考える必要がありますね。