自然素材の家のメリット

2016.08.27

皆さんは、自然素材の家という言葉を聞いたことはありませんか?
無垢材や漆喰といった、自然に由来する素材で建てた家のことです。
近年では、シックハウス症候群やアレルギーなどといった健康被害を少なくするために自然素材を選ぶ人も増えているようです。

床の写真

今回は、そんな自然素材の家のメリットを紹介します。

 

まずは、シックハウス症候群の対策になることです。
仕様する木材は、合板ではなく無垢材にする、壁にクロスを貼るのではなく漆喰の壁にするなど、化学薬品を含まない素材を家に使うことで、シックハウス症候群の原因になるホルムアルデヒドが建材から放出されることを防ぐことができます。
また、使う建材によってはカビの生えにくいもの、防虫効果のあるものなど色々な効果を期待することができるでしょう。

 

次は、温かさを感じることです。
コンクリートや鉄筋の住宅では味わうことのできない温もりを自然素材の家では感じることができます。また、フローリングを無垢材で作ることによって、夏場はひんやりと、冬場は暖かく感じることができるのです。

 

最後は、強度です。
実は、無垢材には鉄筋やコンクリートに劣らないほどの強度があります。
また、耐震性にも優れており、さらに年月を重ねることで強度が増していくことも嬉しい点ですよね。

 

いかがでしょうか。
自然素材には、色々なメリットがあります。
ぜひ、家を建てる際には自然素材にこだわってみてください