結露の原因と対策 ~表面結露~

2016.11.25

寒い季節に起こる住まいのトラブルの一つに結露があげられます。

特に窓ガラスやアルミサッシの内側の目に見える場所に水滴がつくものを表面結露と言います。 この表面結露はそのまま放置してしまうと住宅が雨漏りと同じような状態になってしまい、押し入れの壁の内側にカビが生えてしまったり、木材が腐ったりもしてしまいます。

では、表面結露はどのように対策したらよいのでしょうか。 今回は表面結露の原因と対策法についてご紹介します。
images-1

そもそも結露というのは空気中で処理できない水分が水滴となって表れるもので、室内の湿度が外より高くなってしまった時に発生するものです。 つまり、結露を防ぐには室内の湿度を高くしすぎないことが一つの対策法となります。

室内の湿度を挙げてしまう原因の一つに、暖房器具から発生する水分があげられます。 燃焼ガスを室内に放出するタイプの暖房器具は大量の水蒸気を発生するので、結露が気になる場合は、都市ガスやプロパンガスを燃料とする暖房器具は避けるのがよいでしょう。

他にも、洗濯物を室内干しにすることによって室内の湿度が上がってしまうことも結露の原因となります。 冬場は外だと乾きにくいからだという理由から室内に干す方も多いかと思いますが、 室内に干すのであれば、換気扇を回したり窓を開けたりして結露の対策を行いましょう。

このように家全体に大きな温度差を生じさせず、部屋の湿度を上げすぎないことが表面結露の対策となるのです。 次回のブログでは、躯体内結露についてお話しますね。

 

 

家づくりをはじめてお考えの方はこちらもご覧ください
http://www.arle.co.jp/howto/

健康に気づかった家づくりをお考えの方へ
http://www.arle.co.jp/health/

モデルハウスをご覧になりたい方はこちら
http://www.arle.co.jp/modelhouse/

施工事例をご覧になりたい方はこちら
http://www.arle.co.jp/works/