畳のい草の効果ってどんなものがあるの?

2016.02.21

畳に使われているい草を拡大してみてみると、スポンジのような構造をしています。

そのため、衝撃や音を吸収する効果を期待することが出来ます。

また、弾力がありますので、お年寄りや子供も安心して過ごすことが出来ます。

い草はフィトンチッドを含む香りで、精神を落ち着かせ、リラックス効果を得ることが出来ます。

畳のイグサ

部屋に居ながらにして森林浴の効果を得ることが出来るのです。

さらに、い草には調湿性、調温性があるので夏は涼しく、冬は暖かいという自然のエアコンのような役割があります。

畳一枚で、500mlもの水分を吸収することが出来るとも言われており、多湿時には除湿効果がありますし、室内が乾燥しているような時には水分を放出することにより、加湿効果を得ることが出来ます。

目には見えませんが、多くの水分を含んでいることから、万が一に火のついたタバコなどが落ちたとしても、焦げるということはあっても燃え広がるということを防ぐことが出来るなど防火性にも期待することが出来ます。

い草を踏むことによって、脳を活性化し、集中力をアップさせる効果があると言われています。