無垢材の種類についてpart1

2016.10.18

前回のブログで、無垢材フローリングの魅力をご紹介しましたが、実際無垢材フローリングと言ってもどういった種類があるのでしょうか。 今回は、無垢材の種類についてご紹介します。

 

・オーク

genba-11-5

最もスタンダードなフローリング材で、木目も美しくフローリングに適しています。 また、適度な硬さを持っていることから和風の家にも洋風の家にも使うことができるのです。

 

・ヒノキ

yuka_hinoki_1

日本を代表する高級材で、水にも強く、強度、耐久性に優れていて、主に柱や家具、浴槽などに使用されています。 高級材であることからフローリングとして使用する際には、家全面ではなく、一部に施されることが多いです。

 

・パイン

床の写真

比較的柔らかい素材で素足で歩く床に向いています。 針葉樹の代表的な木材となっていて、価格がリーズナブルなのも人気の木材となっている理由です。

 

・チーク

classical2

強度や耐久性に優れ、収縮が少なく味わい深い色合いが魅力となっています。 機能面では、水に強くシロアリなどの害虫にも強いという特徴があり、高級材とされています。

 

このように、無垢材と一口にいっても、木材の種類は豊富でそれぞれに特徴を持っているのです。 次回のブログでも無垢材の種類をご紹介しますね。