注文住宅を建てる方必見!住宅の動線のポイントを解説します

2019.09.12

「住宅の間取りで動線が大事って聞いたけど、何に気をつけたらいいのかわからない」
このようなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?
動線を考えていない間取りだと、
生活が不便になるかもしれません。
そこで今回は、住宅の動線を考えるポイントをご紹介します。


□動線を考えるポイント

*家事

買い物から帰ってきたら食材をキッチンにしまう、洗濯物を外に干す、
というようにイメージをすると動線が見えてきますね。
例えば、勝手口を設けてキッチンへ直行できるようにして、
そのすぐ近くにランドリールームを配置すればスムーズに移動できそうです。

 

*通勤・通学前

平日の朝、会社や学校へ行く時間に洗面所が混雑してイライラ、
なんてことが想像できます。
洗面台の幅を広くして同時に並べるようにしたり、
廊下を広くしたりすることで混雑が解消できるのではないでしょうか。

 

*来客時

来客があったとき、玄関からリビングや客間にお通しします。
移動の間に洗面所やお風呂場、寝室のようなプライベートな空間は、
目につかないようにするのが理想的です。
また、来客と家族の動線が重ならないような間取りにするとお互い落ち着いて過ごせそうです。


□まとめ

 

今回は住宅の動線を考えるポイントをご紹介しました。
この記事を参考に、実際の生活を思い浮かべながら間取りを決め、
住みやすい家を目指しましょう。
もし何かわからないことがありましたら、
お気軽に当社にご連絡ください。