注文住宅をお考えの方必見|開放的な間取りの考え方をご紹介します

2018.07.30

家の間取りをお考えの際に、

「どうすれば今ある土地で開放感が得られる家を作れるのかな?」

と思うことはありませんか?

 

実は、間取りさえ工夫すれば、

どんな大きさの土地であっても開放感のあるおうちを作ることは可能です。

 

そこで、今回は開放感が得られる間取りの作り方をご紹介します。

 

〇天井を高くしましょう

 

限られた土地の中で開放感を感じるためには、

建物を上に高く設計することが重要です。

 

もし、2階建て以上の家を建てることが法律上難しい場所でしたら、

1階全体の天井を高くしてしまうのではなく、

リビングの上部分だけを吹き抜けにするような工夫でも

充分に開放感を感じることはできますよ。

 

また、余裕があるようでしたら、天窓を設置することもおすすめします。

 

やはり、外との繋がりを感じられれば感じられるほど開放感は得られます。

家の中にいながら、頭上から太陽の光が差し込む空間は、

リラックスできる素敵な空間となるでしょう。

 

今回は家を開放的な空間にするための間取りの考え方をご紹介しました。

 

ほかにも、リビング・ダイ二ング・キッチンを一つにつなげる

LDKの間取りにするというように色々な方法が考えられます。

 

今回ご紹介した天井を高くするという方法も是非取り入れてみてくださいね。