注文住宅をお考えの方へ!2階リビングのメリット・デメリットとは

2017.11.28

リビングは家族が最も長く一緒にいる空間で、家の中でも最も大切な空間と言えます。

最近はダイニングやキッチンと一緒の空間にしてしまうことが多いので、どこに配置するかはとても重要です。

最も多いのが、1階の玄関から入ると庭とのつながりがあるLDKがあり、2階に子ども部屋や寝室などを設けるパターンです。

しかし、2階にリビングを設置する住まいも増えています。

今回は2階リビングのメリット・デメリットについてお話ししようと思います。

 

<メリット>

2階の空間は日が入りやすいので、明るく暖かいリビングを実現できます。

また、周囲が1階リビングのある家が多い場合、生活の目が気にならなくなります。

窓から見える景色も一気に開放的になるでしょう。

 

<デメリット>

1階に玄関がある以上、お客さんの対応が億劫になるという声をよく聞きます。

また、1階の様子が分かりづらいため、防犯面での不安も気になります。

外出も面倒に感じやすく、高齢になったときの階段の上り下りが不安になるというデメリットもある。


いかがでしたか?
2階リビングのメリット・デメリットを大まかに理解していただけたかと思います。
2階リビングを検討している方は、実際に取り入れている方の声を聞いてみるのをおススメします。