注文住宅の外壁材の種類!それぞれの特徴とは?

2019.06.29

「茨城県に注文住宅を建てることを考えている…」
「外壁材の種類を詳しく知りたい…」
「外壁材ごとの特徴も知りたいな…」
このようなお悩みをお抱えの方、いらっしゃいますか?
そこで今回は、茨城県で注文住宅を建てたい方に向けて、外壁材の種類・特徴についてご紹介していきます。

 

□外壁材の種類・特徴

 

主な外壁材の種類は以下の通りです。

・サイディング
・モルタル
・タイル
・ガルバリウム

 

*サイディング

サイディングは外壁材の中では最も普及しているものの一つです。
安価で耐久性に優れ、デザインも豊富であるなど、コストパフォーマンスが高い外壁材です。

*モルタル

セメントと砂を混ぜ合わせて構成されたモルタルは、職人さんが手作業で塗っていく外壁材のため、味わい深く独特の雰囲気を醸し出せます。

*タイル

タイルは、外壁材の中でも耐久性に優れ、特にデザイン性に優れています。
また、断熱性能にも優れます。

*ガルバリウム

特殊なメッキでコーティングされた外壁材です。
洗練された雰囲気を持ち、防水性にも優れます。

 

□まとめ

 

今回は、茨城県で注文住宅を建てたい方に向けて、外壁材の種類・特徴についてご紹介しました。
興味を持たれた方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。