注文住宅のメリットその3

2017.05.20

注文住宅のメリットは、以下のものがあげられましたね。
1.土地の場所を自由に選ぶことができる
2.間取りや設備を自由に設定できる
3.満足度が高い
4.工事過程をチェックできる

今回は残りの3と4のメリットについて詳しくご紹介します。


3.満足度が高い
先程の説明と少し重複しますが、注文住宅では必ずと言っていいほどどこかに不満が出てきます。初めは妥協していたけど、やはり我慢できなくなりオプションで費用を払ってリフォームやするケースもよくある話です。雨戸やキッチンのリフォームなどが多いです。これから何十年も生活していく場所ですので、あまり妥協したくはありませんよね。
しかし、注文住宅は、自分の希望に沿った家ですので、満足度は建売住宅より圧倒的に高いと言えるでしょう。土地選びから一つ一つ選んでいるので、自然と愛着もわいてくると思います。


4.工事過程をチェックできる
建売住宅の場合、安物の素材を使われていることが多いです。ただしこれは、法律や基準を守っていないわけではありません。決められたルールの中でできるだけ安く建築しようとするため、安い材料を使って建築することが多いです。なぜそれができるのかというと、「建築している段階ではだれが購入するかが決まっていない」からです。ですので、建売住宅は50年ももたないと言われています。長らく住んで家を売却する際には家としての価値はほとんどなくなっている(むしろ解体する費用で赤字になることも)と考えるべきでしょう。
それに対して注文住宅では、工事過程をチェックできるのでそういった心配はありません。契約する際にも素材の品質にも希望が出せるので、高い品質の住宅を手に入れることができます。また、マイホームが建築されている様子を楽しむこともできます。


いかがでしたでしょうか。
「自由」が、注文住宅最大のメリットということですね。

今回までは注文住宅のメリットについてご紹介しましたが、
次回からはデメリットについてご紹介します。