注文住宅のデメリット

2016.05.15

注文住宅は、住宅会社に相談をして、自分の理想とする家を建てて貰うという方法です。

新しい建売や中古の家を買ってリフォームして自分の理想通りの家にする事も出来ますが、最初から依頼出来れば、リフォームでは変える事が難しいような部分を理想通りで組み立てて貰ったり、デザインして貰えます。

1327

トイレやお風呂、キッチン、洋室、和室の位置等も全て希望通りにして貰えるので、確実に希望に沿った家に住むことができるというメリットがあります。

しかし、逆にデメリットもあるので注意しましょう。

注文住宅の依頼をする時には、住宅会社の担当が相談者の理想の物件を聞いてから、その理想に合った物件を設計する事になります。

この際にちゃんと担当の人に理想のイメージを伝える事が出来ないと、実際に経てた家がイメージと異なるということに事になりかねない、という点に気をつけてください。

自分の希望する家がどのような物なのか、ちゃんと考えておきましょう。
そして、その希望にも優先順をつけておくと、予算に合わせて調整が必要な時にも役立ちます。

他にも、自分たちの思い通りの要望を取り入れやすい半面、その分同じ面積でも建売住宅よりコストアップに感じてしまう点にも気をつけた方が失敗しないで済みます。