注文住宅で子育てのしやすい間取りを考えるコツをご紹介!

2018.08.15

ご自分で部屋の間取りを考えられる注文住宅は、

あなただけの家をつくれて素敵ですよね。

 

お子様のいらっしゃるご家庭であれば、

子育てのしやすい間取りを考えますよね。

 

しかし、どのような間取りにすれば良いのかお悩みの方も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、

子育てがしやすい間取りを考えるコツをご紹介します。

 

〇お子様の成長に合わせて変化する間取りを

 

子どもの成長とは早いものです。

 

仮に今、お子様の年齢が6歳だったとしても、

あっという間に小学校を卒業し、中学生になり・・・

とすぐに大人になってしまいます。

 

そのため、お部屋の間取りを考える際も、

今のお子様に合わせた間取りではなく、お子様の将来を見据えた間取りを考えましょう。

 

おすすめの方法は、1つ大きなお部屋をつくっておいて、

真ん中に可動式の仕切りを設けるという方法です。

 

この方法であれば、お子様が小さい頃は可動式の仕切りを開け放して、

1つの大きなお部屋として思う存分遊べます。

大きくなってからは1人部屋として使える勉強部屋になりますよ。

 

また、兄弟がいらっしゃる場合であれば、

小さいうちは2人で過ごす子供部屋として使い、

大きくなってからは別々のひとり部屋として使用できます。

 

今回は子育てのしやすい間取りをご紹介しました。

 

子育てをしやすくするためには、

家を建てる際の子ども部屋の間取りをよく考えることが重要です。

是非参考にしてみてくださいね。