注文住宅でよくあるトラブルの事例と対策をつくば市の業者がご紹介

2020.03.16

「注文住宅でよくあるトラブルの事例を知りたい。」
余計なトラブルに巻き込まれないためにも、
事例や対策を知っておきたいですよね。
今回は、注文住宅でのトラブル事例をご紹介します。

 

 

◻︎つくば市の業者がご紹介、注文住宅でよくあるトラブルの事例

 

よくあるのが、注文住宅を建てたあとに、
地盤の部分的な沈下や家の傾きが生じるトラブルです。
その原因に考えられるのは、
場所の土地がもともと田畑などで地盤が弱かった点です。
他には、洪水や液状化現象が起こりやすいことも考えられます。
当然ながら、家の補修や補強のために追加で費用がかかってしまうでしょう。
また、沈下などで地盤が動き、
隣の敷地に家の一部が侵入する事例も報告されています。

 

 

◻︎対策としてできることは?

 

注文住宅は、ご自身で土地を探す点で分譲住宅と大きく異なります。
地盤の不安定なところを選んでしまうかもしれません。
これを防ぐには、事前にその地域にまつわる資料や文献を調べるのが大切です。
また、役所に問い合わせ、その土地が以前何に使われていたかを把握しましょう。
そして、専門家に事前に土地の調査を依頼するのも効果的です。

 

 

◻︎まとめ

 

今回は、注文住宅でよくあるトラブルの事例と対策をつくば市の業者がご紹介しました。
自由度の高さがあるからこそ、それぞれの作業を慎重に行っていきましょう。