機械換気の3つの種類とは ~第三種換気~

2017.02.03

シックハウス症候群などの住まいの病気を防ぐためには正しい換気設備の設置が必須となっています。

今回はファンを使った機械換気で最も多く採用されている第三種換気についてご紹介します。

6d5fc7702e1b87fd15b7e38236a17205_m


第三種換気は排気はファンで強制的に、給気は排気口からの自然給気を用いるもので、排気が機械換気なので湿気が壁内に溜まってしまうことを防げるのも特徴としてあげられます。

換気扇の設置プランとしてはトイレやキッチン、浴槽などの臭気や湿気が発生しやすい場所に設置するのが一般的で、リビングや寝室などの新鮮な空気を必要とする場所に給気口を設けるようになっています。

また、価格的にも比較的安価で、換気が必要な部分各所にファンを設置することができるのも多く採用されている理由の一つとなっています。
ただし、住宅の気密性能によっては給気量と排気量が一致せず、十分な換気を行えない場合もあるので、設計の段階で換気については十分に確認しておかなければなりません。


いかがでしたでしょうか、これまで3回にわたり機械換気システムの種類について説明させていただきましたが、 このように換気にも色々な方法があります。

このほかにも、換気システムと冷暖房を一体化した全館空調システムなどの年間を通じて家中の温度を均一に保てるシステムなどもありますので、それぞれの特徴を把握し、コストバランスを考えながら換気プランも検討されるといいと思います。