様々な損害に対応している火災保険の特徴とは

2016.04.07

住宅を安心して維持していく上では、欠かすことのできない保険がいくつもあります。
中でも火災保険と呼ばれているものがメインになるでしょう。

火災保険は様々な損害に対応していることが特徴になり、一般的には5つの補償があります。
1つは火災に関する損害になり、2つ目は風災による被害が該当しています。

s-20160328130946_00001

3つ目は水ぬれに関しての被害を受けた際に補償される内容で4つ目は盗難被害になります。
最後の5つ目は水の災害による被害を挙げることができ、加入する保険商品で違いは生じる可能性もありますが、火災以外にも様々な事に対応していて非常に安心感を得ることができますよね。

盗難や水漏れなども火災保険に入ることから、普段の生活上で発生してしまう可能性のあるトラブルの多くに対応していることになります。
また、一部分を家財保険として分けていることも基本になり、家財保険に関しては別途加入することが求められています。

近年では国内では地震による被害が多発していることから、火災保険と合わせて地震保険にも加入している方が増えていることも実情です。
住宅を長期的に守る上では必要とされている保険になるでしょう。