構造を考えて住宅の動線を短くする方法とは?

2018.05.23

今から注文住宅をお考えの方の中には、

「注文住宅を建てるときに生活動線を少なくしたい」」
「どうすれば家事動線を少なくして負担を減らせるかな?」

と、動線について悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は、動線をいかにして減らせるかをご紹介します。

【平屋】

動線を減らすためには、家の構造を平屋にするととても効果的です。
家族全員が同じ階にいるので、顔を合わせることが多くなり、自然とコミュニケーションが増えるでしょう。
平屋にすることで、特に洗濯物の家事の負担を減らすことができます。

洗濯する、干す、畳む、収納するという動作をすべて同じエリアでできるようになるので、家事動線を短くします。
また、将来のことを考えたときに老後の体に負担をかけないように家の中の段差をなくすことができます。

【よく使う場所の配置】

トイレやお風呂と着替える場所を隔てることで、どんなに忙しい朝に誰かがお風呂に入っていてもかまわず着替えたり、歯を磨いたりできるように洗面台と脱衣場を分けると、家族の動線がすれ違うことがなくストレスなく生活することができます。

【まとめ】

動線を考えるときは実際に内見に行くことをおすすめします。
内見に行くことで、実際の生活を想像することができ、自分たちの動線はこうしよう、ああしようとアイディアが出てきます。
みなさんも、納得のいく家づくりにするために、動線にも工夫をしてみてくださいね。