新築をお考えの方必見!家事動線を意識した間取りの考え方とは?

2018.06.16

自分の好きなお家になるように、間取りを自由に考えることは楽しいですよね。

ただ、理想を詰め込み過ぎてしまうと
完成してから「住みにくい」と感じるお家になってしまう可能性があります。

そこで今回は、家事動線に着目して家事のしやすいお家の間取りの考え方を紹介します。


〇洗面所には出入口を2つ設けよう

「動線」とは、家の中での人の移動を一本の線で示したものを指します。

そしてこの線を描いてみたときに交差する部分が少なければ少ないほど
スムーズに移動ができることを意味します。

例えば、家族みんなが忙しい朝の時間帯に
洗面所付近で家族が衝突してしまうことはよくありませんか?

その時間帯に掃除や洗濯を行う家事動線がクロスしてしまうと
朝の身支度や家事も不便です。

そこでオススメしたい解決方法が、「洗面所に出入口を2つ設ける」という方法です。

家族が洗顔や歯磨きのために洗面所に行く際には
リビングから直接行く入り口を使用してもらい
家事を行う場合にはキッチンから直接行けるような入り口を設けておきましょう。

そうすると、普段から洗面所へ行きやすくなるのはもちろんのこと
洗面所の入り口で家族と衝突してしまうなんてことも避けられます。

このように家族が頻繁に移動する場所は要注意です。
ぜひ家事だけではなく、家族みんなが快適に暮らせるお家をご検討ください。