家の洗面所に取り入れよう!おすすめの2つの収納アイデア

2018.03.09

家の収納の中でも洗面所の収納スペースは確保するのがとても難しいです。

その理由は、面積が小さい割に収納すべき物がたくさんあるからです。
そこで今回は、洗面所に物が溢れかえらないための収納の取り入れ方をご紹介します。

 洗面所に収納するモノ

洗面所の収納スペースを取り入れるために、まずは何を収納しなくていけないかを考えましょう。

そのためには洗面所で何をするのか思い浮かべてみてください。

例えば、朝顔を洗い、歯を磨くのであれば、替えタオルや歯磨きセットの収納が必要です。

メイクを洗面所で行う方であれば、化粧品入れやアクセサリー収納も必要かもしれません。

また、洗面所を脱衣所や洗濯場としても利用するのであれば、洗剤やタオル一式、ケア用品や洗濯カゴなども置く必要があります。

 洗面所の収納

1. 洗面台の奥行きを広くする

洗面台はオーダーメイドで作ることも可能ですし、既製のものを購入して設置することもできます。

既製の洗面台の場合、奥行きがある程度決まっていますが、できるだけ奥行きのあるものを選ぶことで、付随している収納棚の奥行きも広くなります。すると、自然に収納できる物の量も増えるのです。

ただし、奥行きがありすぎると何を収納したのか忘れてしまう可能性があるので注意しましょう。

2. 「かける収納」でお掃除も簡単

洗面所は水垢やカビが生えてしまうので、こまめにお掃除する必要があります。床や棚に物がたくさん置かれていると、掃除をするのが面倒ですよね。
そこで、かける収納を取り入れてみてはいかがでしょうか?

タオルをかけている方は多いと思いますが、他にも化粧水や洗顔フォーム、ドライヤーやヘアアイロンなど、工夫次第で応用できます。
狭いスペースだからこそ、「置く収納」だけではなく「かける収納」も取り入れていきましょう。

 

洗面所は毎日使う場所だからこそ清潔に保ちたいものです。物で溢れかえって使い勝手が悪くならないよう、家を建てる前から収納を考えてみてはいかがでしょうか?