新築の間取りで失敗しないための考え方をご紹介

2020.04.14

「新築の間取りでよくある失敗は何だろう?」
簡単には変えられないため、後悔したくないですよね。
今回は、家を建てる際の間取りでうまくいかせるための考え方をご紹介します。

 

 

□家を建てる際の間取りを成功させる考え方

 

*台所やダイニングは広めに確保する

 

設計図では広いと思っていても、
実際の感じ方はやはり違ってくるものです。
特に、台所やダイニングは、
窮屈に感じると使い勝手が悪く快適には過ごせません。
費用をなるべく削減したいかもしれませんが、
使いづらいとその後の生活が常に不便ですよね。
そのため、十分な大きさを確保し、
他の部分で変更ができないかを相談してみましょう。

 

*採光性を意識する

 

いざ暮らしてみると、
光が取り込めずに暗いこともよく挙げられる失敗事例です。
太陽光と取り入れられないのは、
特に冬の寒さにつながるため、注意する必要があります。
設計によっては十分な光を取り込むことが可能なため、
意識して行いましょう。
窓を設けるのは一つの方法ですが、
防犯面が気になるかもしれません。
その場合には、シャッターや格子の設置なども合わせて工夫すると良いでしょう。

 

 

□まとめ

 

今回は、家を建てる際の間取りで失敗しないための考え方をご紹介しました。
リビングは余裕を持って確保し、
日の当たり方も意識して設計するとより暮らしやすいでしょう。