新築の予算を見積もっている方へ! 住宅ローンを種類ごとにご説明

2018.01.17

新築を建てるとなると、予算面での不安が伴いますよね。そのため、住宅ローンに関することはよく知っておきたいところです。

マイナス金利が導入されている現在、住宅ローンの金利は過去最低水準まで下がっていると言えます。

故に、今は住宅ローンを組むチャンスでしょう。

しかし、一言で住宅ローンと言っても種類がありますし、金利だけで選んでしまうと後々大変なことになってしまうかもしれません。

ということで今回は、住宅ローンを種類ごとにご説明しようと思います。

まず、住宅ローンには「固定金利型」「変動金利型」「固定期間選択型」の3つのタイプがあります。

■固定金利型

最初に借りた際の金利が継続するため、返済額が同じであるのが特徴です。

代表的なものでフラット35が挙げられます。

返済額が変わらないため将来的な生活設計を立てやすいのがメリットです。

しかし、同時期の金利と比較すると高いのがデメリットでしょう。

■変動金利型

金利が6ヶ月ごとに見直されるため、経済状況によって変化します。

同時期の金利を比較すれば他のタイプと比べて最も安いのはメリットですが、金利が高くなった際は苦しくなります。

■固定期間選択型

一定の期間は金利も返済額も変わらず、期間が終わり次第金利タイプを再び選択するというものです。

様々な金融機関で取り扱われているため、お得なプランを選択しやすいですが、選択期間が終わった際に高金利になっている可能性があります。


今回ご説明したそれぞれのタイプの特徴をよく理解し、自分に合った住宅ローンを組んでくださいね。

住宅ローンに関して分からないことがあれば、われわれアルルホームズに気軽にご相談ください。