断熱が気になる人には無垢材の床がオススメです

2016.03.22

住宅の建材は化学物質で満ち溢れています。
ホルムアルデヒド等など一部の有害な物質が発生する建材の使用は法律で規制されていますが、規制から漏れている化学物質は多くあります。

日本の住宅は本来、自然素材だけでできていました。
建材に化学物質が使われ、シックハウス症候群などの健康被害が出ているのは古い話ではありません。

健康被害を発生させない自然素材の中でも、無垢材は特に健康効果のある素材として知られています。
それと同時に断熱効果も期待できます。無垢の床は冬は工業製品の床より足の裏に温かみを感じることができます。

5c4766faffbcd939713977cc0610fccf

また無垢材は子供の健康に優しい材料で、アトピーやアレルギーの心配がなく、抗菌や殺菌作用があるので、健康に良い影響を与える材料です。

デメリットとしては工業製品と比べ多少金額が高いということと、反りや曲がりなどの無垢材ならではの不具合がでることがあるということでしょう。
ただそれ以上に得られるメリットも多いものです。デメリットを許容できる範囲で無垢材の使用を考えてみるのもいいのではないでしょうか。