料理がしやすいキッチンとは①

2016.01.04

日々キッチンで料理をされている方にとって、使いやすいキッチンの追求はやまないことでしょう。
少しでも自分への負担を軽く、楽に料理ができるようなキッチンとはどういったものを指すのでしょうか。

 

まず気にしたいのが、熱源、つまりコンロの位置です。

人にはそれぞれ利き手というものがあります。
例えば右利きの人の場合、作業台の左側にコンロがあれば窮屈な思いをします。

料理がしやすいキッチンとは①1
作業台のところからコンロを使おうと思えば手を交差させなければいけませんし、それを回避するためには体ごとコンロの前に持っていく必要があります。
これは少し面倒だと思いませんか?
これが、作業台の右側にコンロがあれば、作業台で下ごしらえなどをしながら、コンロの上の鍋なども操りやすくなるでしょう。

また使いやすいキッチンを作る上では、キッチン周りの収納に気を配ることも大切です。
作業台の上が物で溢れていると、それだけで作業スペースが減ってしまい、作業効率が落ちてしまうでしょう。

料理のしやすいキッチンとは①2
しかし、キッチンから遠いところにわざわざ収納するのも面倒ですよね。
キッチン周り、できれば引き出しスペースなどを充実させるようにしましょう。
理想は調理器具だけではなく、調味料なども収納できると理想ですね。