掘りごたつを取り入れる際の注意点

2017.01.18

前回までのブログでいくつかの暖房設備の特徴をそれぞれ紹介してきましたが、「掘りごたつ」も冬場、活躍する暖房器具の一つですよね。

心地よく、空間を広く感じさせる効果もある掘りごたつの導入をお考えの方に今回は掘りごたつをプランニングで取り入れる際の注意点をご紹介していきます。

まず、掘りごたつを取り入れたい場合は、どこに設置するかによって構造部に関わることもあるので間取りの検討時に早めに設計担当の方に相談しておくことが重要です。
638730

設置すると移動させることはできないので、日々の暮らしをイメージして、部屋全体の冷暖房の空調計画と合わせて検討することが必要になってきます。

また、冬場はもちろんこたつとして利用しますが、夏場の活用方法も事前に確認しておく必要があります。 座卓として使用するのか、床を塞いで使用するのかによってもプランニングが変わってくるので夏場の活用方法も検討しておきましょう。

このように、掘りごたつは移動できないものだからこそ、事前に考えておくべきポイントがあるのです。
家族が集まりやすいゆったりとくつろげる空間をより快適にするため、掘りごたつを検討されている方は注意点も参考にしてみてくださいね。