引っ越した後の挨拶マナー

2016.01.20

引越し後の挨拶は、今後の長期にわたるご近所とのお付き合いを考えると、
特に大切なことの一つなのではないでしょうか。

賃貸で人の出入りが多いところであっても、お隣近所と顔を合わせておくことは、
後から引っ越してきた人の礼儀です。

たとえそれがしばらくの間の仮住まいだったとしても、
お互いに気持ちよく暮らしていくためには必要なことです。

引越しした後の挨拶マナー

昔から『向かい三軒両隣』といって、自分の家の両隣とお向かいへは、
少なくとも家族揃ってご挨拶をしていたものです。

ご挨拶の時期としては、引越してから出来るだけ早く、
一週間以内に直接したほうが良いことはいうまでもありません。

大袈裟で豪華な値の張る贈り物をする必要はありませんが、
まったくの手ぶらなどでは行かず、
ちょっとした気の利いたギフトやカタログを持っていくと喜ばれることが多いでしょう。

今後、お互いに世話をしたり、世話になったりすることを考えれば、
もちろん感じ良くご挨拶をすることが必要です。

何にしても最初が肝心ですから、決してマナー違反にならないように注意して行動したいものです。