建売住宅のメリットその3

2017.05.10

建売住宅のメリットには、以下のようなものがあげられましたね。

1.完成のイメージがつきやすい

2.価格が明確

3.比較的割安

4.時間と手間が省ける

5.美しい街並みが期待できる


 

今回は残りの2つのメリットについてご紹介します。

 

 

4.時間と手間が省ける

注文住宅を購入する際は、最低でも9か月、長ければ2年近くの期間が必要です。住宅が建つまで待つ必要があるからです。また、建築を始める前に土地を探す時間も必要です。

それに対して建売住宅は基本的に完成しているものを購入するだけなので、購入してから実際に住み始めるまでにかかる時間は圧倒的に短いです。

手間に関しても、注文住宅では何度も打ち合わせをしなければなりませんが、建売住宅ではほとんど必要ありません。

建売住宅だと、時間と手間を圧倒的に省くことができるでしょう。

 

 

5.美しい街並みが期待できる

大規模に開発している建売住宅の場合、その住宅やその周囲の街並みは良いと言えます。

住宅の外観などが統一されているうえ、道路計画や植栽なども含めて美しい街並みが形成されていることが多いです。

ただこれは物件にもよります。特に小規模な建売住宅の場合では、バリエーションが多い一方で、統一感にはあまり期待できません。

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

ここまでだけを見ると、建売住宅はメリットでいっぱいと思うかもしれません。

しかし、デメリットもいくつかございます。

 

次回からは、そういったデメリットについてご紹介します。