床下収納の使い道

2016.01.08

収納手段の一つとして、床下収納に憧れを持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、実際に使い始めてみると、意外に使いこなせないという方が非常に多くいらっしゃいます。

 

 

今回は床下収納の有効な使い方について、お話しさせていただきます。

床下収納を設ける場所としておすすめなのが、キッチンや洗面所です。

床下収納の使い道1

 

キッチンの場合は、保存食や調味料などの予備品の収納のほかに、梅干しや万が一の非常食、非常用の水などの収納に向いています。
正月やクリスマスなどのイベント用のものや、キャンプ用品の収納場所にするのも良いですね。
こういった物の収納に向いているとされるのは、その取り出しの手間の多さに原因があります。

キッチンという限られた場所で、短サイクル何度もしゃがんで物を取り出すというのはできるだけ避けたいですよね。

 

 

湿気などもこもりやすいので、未開封かつ重くなく使用頻度の低そうな物を選ぶと良いでしょう。

また、洗面所に関しては、シャンプーや洗剤などの詰め替え用品を中心に入れると良いでしょう。
洗面所の場合は物が多く、スペースが狭いせいで物が取り出しにくいというケースはキッチンよりは回避しやすいので、ある程度使用頻度が高そうなものを入れても問題ありません。

 

 

もっとも、タオルのような毎日の生活に必要なものはあまり入れないようにしましょう。