寒い冬を乗りきる!暖房設備の種類別の特徴~薪ストーブ~

2017.01.16

「暖房器具もオシャレなインテリアの一つにしたい」インテリア好きのお母さんにとっては薪ストーブも魅力的なアイテムではないでしょうか。
今回は新築のプランニングの前に知っておきたい暖房設備の知識として、薪ストーブをご紹介してきます。
s_dsc0166


まず、薪ストーブの基本的なタイプは不燃材の床の上にストーブ本体を設置し、室内に露出した煙突をもつもので、ストーブ本体の燃焼室の開閉によって部屋の中での印象が大きく変わってきます。
燃焼室を密閉するエアータイト型だと密閉するため熱が外部に逃げにくいですし、開放式のものであれば炎をそのまま見て楽しむことができるのです。
室内でインパクトのあるアイテムになる煙突だけでもオシャレなインテリアとなりますが、薪ストーブならではの炎の雰囲気も楽しみたいという方はオープン型にするとよいでしょう。


一点だけ、薪ストーブを導入する際には煙突の設置や換気に関して法規制もあるので、プランニングには十分注意して導入を考えてくださいね。




薪ストーブを長く安全に使うためには定期的な点検が欠かせません。
オシャレなインテリアともなりうる暖房設備だからこそ、導入をお考えの方はシーズンに最低1回はお手入れを行う必要があることを覚えておいてくださいね。