寒い冬を乗りきる!暖房設備の種類別の特徴~温水パネルヒーター~

2017.01.12

新しい住まいを建てる際に暖房設備の検討設備として多いのがエアコンや床暖房ですが、特に寒い地域で馴染みがあるのが温水パネルヒーターではないでしょうか。

新築を建てる際に暖房設備の候補の一つとなるよう、今回はこの温水パネルヒーターについてご紹介していきます。
2079c9bae3e6e8057817384eb174a567_m

まず、温水パネルヒーターの一番のメリットは床暖房と同じく輻射熱で部屋全体をムラなく温めてくれるということです。

輻射熱で部屋全体を温めることで空気の流れによる不快感もありませんし、埃を巻き上げず空気が汚れません。

また、暖房をつけた時にもモーターなどの騒音が出ないので、静かな室内環境を確保することも可能なのです。 小さなお子さんがいるご家庭ではお子さんが寝ているとき暖房がうるさいと気になってしまいますよね。

じんわりと部屋を暖めてくれることが温水パネルヒーターの特徴なのです。 床暖房と比べると温水パネルヒーターは設置スペースが必要になってきますが、窓付近に設置することが多いので外からの外気を押さえて室内を効率よく温めることができると言えます。
暖房設備の一つとして温水パネルヒーターを検討してみてはいかがでしょうか。