家事をしやすい、住宅の動線でおすすめのものについて

2020.05.01

「家事をしやすい動線について考えたい。」
住宅を建てる際には、動線のことが気になるかもしれません。
今回は、家事をしやすい、住宅の動線でおすすめのものについてご紹介します。

 

□家事をしやすい、住宅の動線でおすすめのものについて

 

家事のしやすさの観点で住宅の動線を考える際には、具体的な場面を想像するのがおすすめです。
例えば、洗濯のことを考えてみましょう。
洗濯したあとに干して乾かし、最終的にはたたんで収納しますよね。
洗濯する場所・干す場所・片付ける場所が、離れていたり違う階だったりすると大変かもしれません。
重いものを毎日のように移動させる負担は相当なものです。
浴室の隣の洗面所に、洗濯機が置いてある家庭は多いかもしれません。
それに加えて、庭や干す部屋とクローゼットや箪笥などの収納する部屋もなるべく近接するようにすれば気楽にできます。
このように、間取りで重要な観点として、動きに無駄がない構造にできているかが挙げられるのです。

 

□まとめ

 

今回は、家事をしやすい、住宅の動線でおすすめのものについてご紹介しました。
動きに無駄がない構造にできているかを、実際の動きを具体的に考えるとことで想定するのがおすすめです。