家の収納スペースを確保するにはどんな間取りが考えられる?

2018.06.22

注文住宅を建てるのに、家の間取りに悩んでいる方はいらっしゃいませんか?

しかし、部屋の間取りに意識が向きすぎると
収納のことをあまり考えてが及ばずに、
あとで後悔してしまうことがありますので注意が必要です。

そうなのです、いざ住み始めてみて
住みやすさのうえで一番重要になるのが収納なのです。

そこで今回は間取りを考える際に考えたい
収納スペースを確保する方法をご紹介します。


〇回遊動線で収納上手に!

皆さんは、回遊動線という言葉をご存知でしょうか?

これまでの物を収納するだけのクローゼットでは、奥の方に物を詰め込むと
今度はそれを引っ張り出してくるのに一苦労したという経験をお持ちの方が多いのではないでしょうか?

その点、出入口を二つ設けて回遊性を持たせた収納スペースをつくると、
いつでも収納することができて、好きな時に必要なものを簡単に取り出すことが可能になります。

このように人の動き(動線)を意識した収納スペースを
間取りに上手く取り入れてみてはいかがでしょうか。

毎日の生活のしやすさにも直結しますし
片づけがスムーズだとお客様が来てもきれいなお部屋でお出迎えできます。

間取りを考える際には、お部屋と一緒にこの回遊動線を意識した収納スペースも確保してくださいね。