家の収納の考え方|本当に収納が日必要なのかどうかよく考えよう

2018.08.29

自分の好きな間取りのおうちをつくることができるとして人気のある注文住宅ですが、

みなさんは注文住宅の間取りを考える際に、きちんと収納まで考慮していますか?

 

「解放感のあるつくりにしたいからリビングを広く確保しよう!」と考えていたら、

収納のクローゼットのスペースが非常に小さなものになってしまった・・・・

という方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そんなことになってしまわないように、

収納スペースを上手に確保する方法をご紹介します。

 

□隠す収納をするのか、見せる収納をするのか考えよう

 

収納スペースをつくろう、というと

「クローゼットをどこにつくろうか?」と考える方が多いと思うのですが、

何も収納=クローゼットと考えてしまう必要はありません。

 

中にはお部屋に飾るとインテリアとして映えるものがあるはずです。

さらにミニバックや帽子などであれば

うまくハンガーにかけると見せる収納にすることも可能ですし、

何より使い勝手が良いですよね。

 

こんな風に、まずは何を見えない位置に収納するべきで、

何を見せる収納にすることができるのかどうか考えていきましょう。

こうすると、意外とクローゼットに隠すものがなかったなどという事実に気づくことができますよ。

 

そうなれば、収納に広いスペースを確保する必要がありませんから、

よりお部屋をひろめにとることができるのでオススメです。

 

今回は、おうちの収納スペースを確保する上で重要な視点をご紹介しました。

ご自身で是非考えてみてくださいね。