家づくりを始めるまでの流れSTEP2 ~資金計画~

2016.11.17

前回のブログで家づくりをするにあたって初めに考えておくべきことはプランニングであるということをご紹介しました。

家族全員で理想の家のイメージを考えたら、次に考えるべきことは「資金計画」です。
img20140722_arle03

そこで、今回は家づくりを始める前の流れの中でも重要なポイントとなる資金計画についてご紹介します。

資金計画というのは、家を建てるにあたっての総予算を把握することで、住まいの購入予算も決まってきます。 今後どのくらい稼げる予定なのか、また、現在の年齢とローンの返済期間などを考慮して借り入れ可能な金額を算出することが必要です。

ここで、注意すべきポイントとして、ローンを組んだ時点では無理のない返済プランでも、子供が生まれたり進学していくにつれて家計状況もどんどん変わっていくということです。 つまり、資金計画を行う際は、現状の支払い能力だけを考えるのではなく、将来のライフサイクルを念頭に置いて考えるべきなのです。

さらに、引っ越しやあいさつ回りなどの雑費の部分も積もり積もればまとまったお金となります。 頭金をいくらくらい用意することができるのか、家を持つと一定の税金もかかりますし、将来の修繕費の積み立ても必要です。

ですので、雑費なども含め総費用を把握し、余裕のある資金計画で家づくりを進めていかなければいけませんね。

 

 

家づくりをはじめてお考えの方はこちらもご覧ください
http://www.arle.co.jp/howto/

健康に気づかった家づくりをお考えの方へ
http://www.arle.co.jp/health/

モデルハウスをご覧になりたい方はこちら
http://www.arle.co.jp/modelhouse/

施工事例をご覧になりたい方はこちら
http://www.arle.co.jp/works/