安心できる家建てよう!地震が起きても安心の家にするために

2018.05.03

家の中で生活する時間は、人生の中で最も多いのではないでしょうか。

そのため、家では常に安心して過ごしたいですよね。
特に、日本は地震大国ですので、安心の暮らしのためには、安全な耐震性能が必要です。

そこでこの記事では、地震が起きても安全な
安心して暮らせる家を建てるための注意点をご紹介します。



◆建築基準法

建築基準法という法律があります。
この法律は、家の耐震性についての法律です。

この法律を満たしていたら、大地震が起きても倒壊しないということが基準になっています。
そのため、この法律を満たしていると安全だと考える方が多くいらっしゃいます。

しかし、地震が二度、三度と起きた場合に、安全とは限りません。
したがって、建築基準法を上回る耐震性の家を建てることをおすすめします。

今話題の制震装置などを設置するなどもくり返しの大きな地震には有効ですので
検討してみるのもいいですね。

◆家具の設置

地震が起きて家具の下敷きになってしまう可能性はできる限り無くしておきましょう。

そのためには、置き家具から造り付け家具に変えることや
耐震ロックの器具を付けたりするなどの対策が効果的です。

このような対策をして、地震が起きても安心できる内装にしましょう。

◆まとめ

この記事では、地震が起きた場合でも安心して暮らせる家を建てるための注意点をご紹介しました。
是非、地震が起きやすい日本でも、常に安心して暮らせる素敵な家を建ててください。