安心できる家づくり!住宅を購入する際の防犯対策について

2018.12.09

皆さん、防犯対策はちゃんと行っていますか?

住宅は大切な空間です。

そのため、防犯対策をしっかりと行って安心した毎日を送りたいですよね。

そこで今回は、住宅を購入する際にしておきたい防犯対策についてご紹介します。


□防犯対策

*1ドア2ロック

玄関や勝手口のカギは、1ドア2ロックにしましょう。

ピッキングなど、カギを直接開錠しようとする手口の場合、

カギが1つだと簡単に開錠されてしまいます。

しかし、1ドア2ロックにすることで開錠に時間がかかるため、

ピッキングなどに対する防犯対策として非常に有効です。

また、玄関扉の横などについている、明り取りの窓を割って内側のカギを開錠するパターンも有るので、

明り取りの窓の部分は面格子などにすることをおすすめします。


*防犯ガラス

防犯対策として、頑丈な防犯ガラスを採用するという手段もあります。

防犯ガラスは2枚のガラスの間に特殊なフィルムを挟んでいるため、

ガラスにひびが入ってもなかなか割れることはありません。


*塀

フェンスや塀は防犯対策に非常に有効です。

しかし、防犯のためとあまりに高いフェンスや見通しの悪いフェンスを選ぶと、

侵入してから隠れやすくなってしまい、逆効果です。

フェンスや塀は立てても、あくまで境界線を明確にし、

侵入することを防ぐことを目的とし、見通しは良くしておきましょう。


□まとめ

以上、住宅を購入する際にしておきたい防犯対策についてご紹介しました。