子育て中に注文住宅を建てる際にできる間取りの工夫は?

2020.03.19

「子育て中に注文住宅を建てる際にできる間取りの工夫を知りたい。」
子育て中に注文住宅を建てようとお考えかもしれません。
今回は、その際にできる間取りの工夫をご紹介します。

 

 

□子育て中に注文住宅を建てる際にできる間取りの工夫

 

*柔軟性のある配置を

 

お子様の成長は早く、その都度部屋の使い方も変わってきます。
一緒に寝ていることも多い段階から、
一人で過ごしたい年頃に変わることもあるでしょう。
また、勉強もリビングあるいは個室の好みが時期によって変化します。

いずれは部屋を使わなくなり、空いたままでもったいないかもしれません。
こういった変化に柔軟に対応できるような配置にするのがおすすめです。
たとえば、子供部屋を壁ではなく棚やカーテンで仕切る方法があります。
大きな空間の一部を部屋にするイメージにしておけば、
リフォームなしに組み替えられますよね。

 

*リビングを通るように部屋を配置する

 

お子様とのコミュニケーションを図るのであれば、
リビングを家の中心にするのがおすすめです。
リビングを通るしかない間取りにすれば、
自然と目を合わせる機会も増えますよね。
会話ができなくても、日々の様子の変化に気付きやすいかもしれません。
もちろん、団欒の場として位置づけられるのも大きなポイントでしょう。

 

 

□まとめ

 

今回は、子育て中に注文住宅を建てる際にできる間取りの工夫をご紹介しました。
リビングを中心に考え、
簡単に変更ができるような配置をするのがおすすめです。