子育てをしやすい間取りとは(その1)

2017.06.01

みなさん、「子育てをしやすい間取り」を考えた時、真っ先にどの部屋について考えますか?

多くの方は、「子供部屋」を思い浮かべたのではないでしょうか?

確かに、子供部屋の間取りは大切です。

しかし、「リビングの間取り」も同じくらい大切になります。

お子さんが自分の部屋を持つのは、多くは思春期に入るころの時期だと思います。
では、それまでの時期はお子さんはどこで過ごすのでしょうか?

そうです、リビングですよね。


思春期を迎えるまでのお子さんは、きっとお母さんやお父さんにまとわりつくように過ごすのではないのでしょうか?
学校の話や、今日の晩御飯の話、テレビの話・・・。そのような会話はリビングで行われます。

そういったたわいのない会話がお子さんをすくすくと成長させるのではないでしょうか?

それだけではありません。
お子さんが小さいころ、お絵かきをしたり


リビングは、思春期に入るまでのお子さんの生活の中心となる場となるため、良い間取りに仕立てる必要があると言えるでしょう。

次回は、そのリビングの具体的な間取りの取り方をご紹介します。