子供や高齢者に優しい階段とは

2016.03.30

二階建て以上の家を建てる時、階段は家族にとって便利でもあり、また非常に危険でもある場所です。
毎日利用する階段ですから、家族にとって安全で安心な場所にしておかなければなりません。
家族の構成はさまざまでしょうが、特に高齢者や小さな子どものいる家庭には、階段について、よく考えて置かなければならない場所です。
その上からも、手すりの設置を考慮したいものです。

CIMG0053

 家を建てる際には家族にとって安全な階段になっているかをよく考え、階段を滑りにくくするための工夫をしておかなければなりません。
階段の滑り止めの物はスーパーやあるいは量販店などでも最近は、多く出回っていますので、そのような物を利用することも大事です。

 例えば、直線階段ですと、間違えて足を滑らせた時、ダイレクトに下まで落ちてしまう可能性があります。
そこで、階段の踊り場をしっかりと設置しておくと、小さい子どもや、また、お年寄りなどがいる場合などでも多少安心です。

 家の構造上、階段になかなか踊り場を取るだけのスペースが取れない場合でも、安全を配慮して階段には手すりの設置をする事は必要な事といえるでしょう。