太陽光発電のデメリットとは

2016.12.27


以前のブログで太陽光発電のメリットについてご紹介しましたが、やはり導入するにあたってはデメリットの部分も知っておきたいものですよね。
ZEHを考えている方にも太陽光発電についてはよく知っておいていただきたいものです。
そこで、今回は太陽光発電のデメリットについてご紹介します。

%e5%a4%aa%e9%99%bd%e5%85%89%e3%81%ae%e5%ae%b6


まず、太陽光で発電するということから、発電量は日射量に大きく左右されるということがあげられます。
つまり、日射量の少ない地域では太陽光発電を導入してその後光熱費の削減や電気を売っても、導入費の元を取れないことがあるということなのです。
事前に住む予定の地域の日射量を確認しておくことも重要なポイントとなります。

また、設置後付近に大きな建物ができ太陽光パネルに影がかかってしまうことも考えられます。
現段階では一日中日が当たる場所に太陽光パネルを設置できても、何十年先のことはわからないものです。
予想していた発電量を得ることができなくなると、導入費用の回収も十分にできなくなるというリスクがあることを覚えておきましょう。


このように、太陽光発電にもデメリットはいくつかあげられるのです。
しかし、太陽光エネルギーというのはこれからの新しいエネルギー源の一つとなることは間違いありません。
デメリットの部分も納得した上で導入してみてくださいね。