天窓を作るデメリット

2016.07.20

前回は天窓メリットについてご紹介いたしました。

明るいことや通気性の良さなどメリットがたくさんありましたよね。

しかしデメリットも存在します。

天窓の写真

今回は天窓のデメリットについてご紹介いたします。

・暑い

天窓は光を取り入れてくれる点がメリットですが、反対に夏はとても暑いです。

そこで天窓にカーテンを付けてあげる必要が出てきます。

カーテンも遮熱性のあるカーテンにする必要があり、費用が多めにかかってしまうこともあります。

また、高さが高さなので開け閉めにも工夫が必要です。電動なんていうものもありますが高額です。

・雨音、雨漏り

天窓は雨音が意外に響きやすいものです。

その音が耳障りだと感じる方もいらっしゃいます。

また、やはり屋根になっている時に比べて、天窓にしていると雨漏りの心配もあります。

ついつい天窓を開けたまま出かけている途中で雨が降ってきた…なんてことは避けたいですよね。

・掃除がしにくい

天窓は高いところにありますから、掃除がしにくいです。

高所での作業は転倒の恐れもあります。

高所でも安全に掃除ができる工夫をする必要がありますね。

いかがでしたか?

天窓の雨音などは防ぐことが難しいですから、事前にどれくらいの雨音なのかも聞いておくと良いですね。

メリットとデメリットを比べて、検討してくださいね。