土浦で注文住宅をお考えの方へ!契約を交わす時の注意点とは?

2019.12.31

「注文住宅を建てる時の契約の注意点を知りたい。」
「契約する時の注意点ってなんだろう。」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
今回の記事では、注文住宅を建てる際の契約の注意点についてご紹介します。

 

□注文住宅を建てる際の契約の注意点とは?

 

注文住宅を建てる際の契約の注意点は、設計監理業務委託契約の有無を確認しましょう。
住宅のような規模の小さい建物の設計、監理については、口頭での重要事項は義務付けられています。
しかし、書面での設計監理業務委託契約は義務付けられていません。
契約を交わさなければ印紙費用がかからないので、費用を下げられます。
建物の設計、監理に関わるトラブルがあった際、
住宅会社側の不手際を立証することが難しくなってしまいます。
また、契約内容を契約後に変更すると、別途で費用がかかることがある点にも注意しましょう。
基本的に本契約後の変更は費用がかかります。
どの時点までの変更なら見積もりの金額内か確認しましょう。

 

 

□まとめ

 

今回は、注文住宅を建てる際の契約の注意点についてご紹介しました。
この記事を参考に、注文住宅を建ててみてください。
注文住宅の専門家が、お客様を全面バックアップし、お客様のサポートを致します。
ぜひ一度、当社までお問い合わせください。