土地選びが成功するポイントとは?家の間取りを土地選びに生かす!

2018.02.16

新築の購入の際に検討しなければいけないのが、どの土地に家を建てるのかということです。
土地選びは住む場所を決める作業なので大変重要です。
しかし、いざ土地探しをするとなっても、どれくらいの大きさの、どんな形の土地にすれば良いのかということは、なかなか想像できません。
そこで、今回は家の間取りをもとにした土地選びの方法についてお伝えします。

■間取りは部屋の組み合わせ

自分にあった土地を見つけるには、実際にどんな間取りの家に住みたいのか図面に表してみるのが、効果的です。
間取りを考えると言っても設計士のように丁寧に間取りを描く必要はなく、おおまかに間取りの構成図を描いていきます。

その時、始めに、リビングは何畳でどの方角を向いていて欲しいか、子供部屋は何階に何部屋必要かなど、必要な要素とその特徴について書きだしておきます。

あとは、それぞれの部屋をパズルのように配置しておき、条件を全て満たした間取りになっていれば大丈夫です。



細かい要素や接合部分の設計は、実際に設計図を作ってもらう時に調整してもらえば良いので、この段階では抑えておきたい間取りの条件とおおよその設計が分かることが重要です。

■自分で描いた設計図をもとに土地探し

自分でおおよその土地の広さ、形が分かれば、それに合った土地探しを行うことが出来ます。
時間をかけず簡単に土地のイメージを湧かせることができるので、是非試してみてください。